読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつふつと

本の感想

昔のイヤなことが脳内で反復してしまう日だった。


村上春樹氏の『ねじまき鳥クロニクル』多分第2巻で、主人公が井戸の底に降りて、暗闇で一人で考え事を始めた時に、昔のことを思い出して堪まらなくイライラし出す、という下りがある。そんな感じだった。



f:id:kakushisetutoshokan:20151226222502j:plain

毛糸の帽子もねじまき鳥クロニクルのさいごのほうに出てくるが、ラストはちょっと温かい気持ちになり、高校生の頃は何度も読んだ。もちろん批判も含め。