読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こほれる利根の

みなかみに、
ひねもす銀の針を垂れ、
しづかに水に針を垂れ、
さしぐみきたる冬を待つ。
ああ、その空さへもうすくもり、
かみつけの山に雪くれば、
魚らひそかに針をのみ、
ま芝は霜にいろづけど、
ひとり岸邊に針を垂れ、
來らむとする冬を待つ。

萩原朔太郎「冬を待つひと」


f:id:kakushisetutoshokan:20151121173745j:plain

日暮れが早くなったもので。

全身筋肉痛。