最近また

市の図書館へ行くのが楽しくなっている。こんな本あったんだ、という感じ。あるいは数え切れない本に囲まれることの、一生かけても汲みつくせない、ということを知る楽しみ。


f:id:kakushisetutoshokan:20161208230815j:plain

頭部がないそうです。山海経の挿図。