読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九月の

時雨の雨に沾れとほり春日の山は色づきにけり 
〔巻十・二一八〇〕 
作者不詳


九月はながつき訓ませるのだらうか。長くはないが長月…。
春日は奈良のことだと思うが、どこの山も色づいてるのでしやうか。

f:id:kakushisetutoshokan:20160913011928j:plain
ヨーロッパのサイダーのラベルを模したもの。サイダーぽさをこんな感じで表現できるとは、、と思いつつ。


メールのやり取りが多かった一日。脳内でメールの文言をアレコレと変換・解釈したりしてすっかりくたびれてしまった。pdfファイルを添付送信して終了。

メールだと文章が粗暴になってしまい、自分の文章力のなさにヘキエキする。自分に文章力がないということは、相手の文章を斟酌したりする懐の深さも持てなかったりするので、尚のことあかん。

うーん。寝ます。