──何しろ、

樅の木なんぞの多い山のなかの一軒家だものだから、雨の音が騷がしいほど大きく、それがまた絶えずさまざまな物音に變化して聞える。

堀辰雄『雨後』


いま雨音が聞こえる。



f:id:kakushisetutoshokan:20151124003611j:plain


少し落ち着く。