読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちまた、ちまたを歩むとも

ちまた、ちまたに散らばへる

秋の光をいかにせむ

たそがれどきのさしぐめる

我が愁をばいかにせむ

捨身に思ふ我が身こそ

びいどろ造りと成りてまし

うすき女の移り香も

今朝の野分に吹き散りて

水は涼しく流れたり

薄荷に似たるうす涙


「秋日行語」萩原朔太郎


f:id:kakushisetutoshokan:20151122221050j:plain

ここぞとばかりに、秋の詩を探してる。

散歩するのが好きな方のよう。