読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きかけの小説

ふと、小学生の時に小説を書いていたことを思い出す。


学校制度がなくなってしまった後の春休みからが書き出しだった。


学校がなくなるなんてね、みたいな会話を女の子同士が屋上でお菓子をぱりぱり食べながらしているという場面だったのは覚えている。


その後、どういう展開だったかは覚えていない。



f:id:kakushisetutoshokan:20150709210418j:plain


ワタシにはそれを書き上げることは叶わなかったのだ。