読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

容易には

飲み込めない何かを置いていく


という本のレビューを目にする。

そういう感じ、ある。

今日はコレ。

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮・現代世界の文学)
ホテル・ニューハンプシャー〈下〉 (新潮・現代世界の文学)


上下分かれているのだけど、それぞれ大きい事件が起きる。


父親が若かりし頃出会った熊の調教師(だったと思う)が言った言葉。

Keep passing the open windows.
開いた窓は見過ごせ。

That means keep on living
そうやって生き続ける。


開いた窓、とはまあそういうことの象徴なのだと思う。


f:id:kakushisetutoshokan:20150608201426j:plain


コレを読んだのは中学生くらいの時だった。


十年以上経った今、ワタシも開いた窓は身過ごそうと思って生きている。


そんな些細なことでいいのならカンタンではないか?


明日は火曜日