本の感想

祖父の四十九日に

風邪をひいた模様で、くしゃみと頭痛。忙しいと風邪をひいてしまうタイプの人間だ、私は。祖父が危篤になって葬儀が済んでからもブログを書く気にはならなかった。別に誰に強制されているわけでもなく、自分勝手にしたためているのだからそんな自意識過剰に…

そして吉原はない、

赤線もない。無いかのようにすべて見える。変遷に変遷してゆくテンポだけが意識にある。だがこうして庭の紅梅を頬杖ついて見ていると、紅梅の深さは何かへ抵抗しているみたいにあくまで真紅であった。明治の色とも変っていず、その幹を切っても幹のしんまで…

私には

此の冬枯の庭にある木のなかで、此の紅梅だけが明けて十一になつた末の娘のやうな氣がする。……正月二日のはげしいから風で紅梅が大分吹き散らされた。さうして末の娘はその夕方から熱を出して寢てゐる、私は今朝も娘の寢臺の傍で人から來た賀状を讀みながら…

「鶯さん鶯さん」

と猫なでごえで呼びかけました。「オヤ斑(ぶち)さん、今日はいいお天気ですね」「ニャーニャー、ホントにいいお天気ですね。それにこの梅の花のにおいのいいこと。ほんとにたべたくなるようですね」(夢野久作「梅のにおい」「夢野久作全集7」三一書房、初出…

梅花に対する感情

予等は梅花の一弁にも、鶴を想ひ、初月を想ひ、空山を想ひ、野水を想ひ、断角を想ひ、書燈を想ひ、脩竹を想ひ、清霜を想ひ、羅浮を想ひ、仙妃を想ひ、林処士の風流を想はざる能はず。(芥川龍之介「梅花に対する感情」『芥川龍之介全集 第十巻』)☆文人趣味…

梅ちらほら

「萬葉のうちにある梅の歌では、私は、坂上女郎の、 さかづきに梅の花うけて思ふどち 飲みてののちは散らむともよし が何か心象に沁みてくるような香があってわすれられない。王朝自由主義の中の明るい女性たちが、男どちと打ち交じって、杯を唇にあてている…

児童文学の

表紙や挿絵について、劇画がだったのは、映画のポスターを意識してたのかしらとふと。

最近また

市の図書館へ行くのが楽しくなっている。こんな本あったんだ、という感じ。あるいは数え切れない本に囲まれることの、一生かけても汲みつくせない、ということを知る楽しみ。頭部がないそうです。山海経の挿図。

殴り合う

貴族たち、という本を図書館で発見したので拝借することに。副題が「平安朝裏源氏物語」ということで、ざっくり言えば、源氏物語の光源氏的な優雅な貴族イメージの裏に、割と暴力沙汰な事件が記録として残ってますよ、ということでしょうか。そう言われれば…

本の影響で

ブログを書くということがなんだか嫌になってしまって数日。本には「書く」ことについてかなりのページが割かれてあって、それを読むと書くってなんだかなという気持ちになり、しょんぼりしてしまった。しかし、後々考えてみると書き手は20冊くらい本を出し…

何やら最近の上映で

この世界の片隅に、があるらしい。前に図書館にスタッフで入っていた時、今日マチ子のcocoonについて話題が出た後、40代の先輩からこうの史代の世界の〜の漫画を貸してもらった事がある。第二次世界大戦に関する漫画繋がりということだった。その先輩職員の…

あんまり久しぶりなので

こういう時って私いつもどうしてた?と思う。いろいろ引き出しを漁った後、特にどうもしてなかったことを知る。先々週姉とオサレカフェで。カボチャのアイスだそうで。もう寒いのでホットティーを飲む日々になる。☆不安への対処として、不安を除去するのでは…

秋の心

愁殺、なる言葉を教えてもらう。意味はひどく嘆き悲しむということで、殺は単に強調の助字らしいのだけど、なんというか凄い字面だな。。雨ばっかりなので昔からそういった落ち込みやすい気分になったりする季節なのかも。オーライ。☆これらの作品は、何らか…

帰りに予約本を貸出して

いただきました。図書館の方ありがとうございます。宮崎駿氏の『本へのとびら』岩波書店、2011年。なんと思い出のマーニーが。出版が2011年なので、マーニー映画化以前ということですな。風立ちぬ制作時期に書かれた本みたい(150頁)。宮崎駿氏が50冊選んだと…

この漠然とした

哀愁は畢竟するにその漠然とした形のまま死か生かの分岐点まで押しつめ突きつめて行くよりほかに仕方がない悲しさなのだ。その極まった分岐点で死を選ぶなら、それはそれで仕方がない。併しもし生きることを選ぶなら、(選ぶというよりもそのときには生きる…

この漠然とした哀愁は

畢竟するにその漠然とした形のまま死か生かの分岐点まで押しつめ突きつめて行くよりほかに仕方がない悲しさなのだ。その極まった分岐点で死を選ぶなら、それはそれで仕方がない。併しもし生きることを選ぶなら、(選ぶというよりもそのときには生きる力と化…

私も自分の

聖者が描きたい。私の魂の醜悪さに安息を与えてくれる自分の聖者を創りだしたい。それは私の文学の唯一の念願である。が、目下の私は泥棒か人殺しか鼻持のならない助平根性でも描くよりほかに仕様がない。いや、それすらも書けそうもないのだ。ただ私自身、…

風呂上がりから

クーラーの効いた部屋にいると、体温が下がっていい感じで眠気がくる。いちばん幸せを感ずる瞬間。昨日から引き続き、図書館で借りた中国医学の本をパラパラと。この絵何かで見たことあるのだけどなんだろう。思い出せない。

はっと

して見たらこういう茸が水芝と言うみたいですね。左の漢文に「衆水の旁(はた)に生う」と。衆水ってちょっとわからない。大量の水、みたいなことだろうか?ただただかわいい。

クレイマン・クレイマンについて

十年以上前、多分nonnoという若い女の子向けのファッション雑誌に、このクレイマン・クレイマンというpsのゲームが載っていた。確か女の子も楽しめるプレイステーションのゲーム特集、ということで紹介されていたのだけど、パラッパラッパーとかウンジャマラ…

なしの日にて

7月4日なので梨の日だそうですが、梨は秋なので少しはてな気味。梨の思い出。ランチを食べに行った時に、お品書きに水菓子として有りの実という記述があり、同行者に果物は梨のことと教えてもらった。 小6のとき宮沢賢治のやまなしを国語で習い、pcで絵を描…

君のおぼえた

小さな技術をいつくしみ、その中にやすらえ。アウレリウス 本日は半夏生なり。

人間の普段の

行動を映したビデオの再生速度を速めると、その人がバカに見えてくる。チャーリー・チャップリンの作品を代表とする昔の映画の、過度に浮かれたような動きを思い浮かべれば、私のいいたいことがわかるだろう。人は、別の人間や動物やロボットの考えらしきも…

アンナ=カレーニナの服

言わずと知れたトルストイ翁のアンナ=カレーニナ。人妻のアンナが若いウロンスキーと不倫をしてしまうというのが話の筋。アンナがウロンスキーと出会う前だったか、人の気持ちを華やかにするためにオシャレをするというくだりがある。ここを読んだ時、少し感…

移動中ラジオから

大貫妙子氏の特集をたまたま聴いていたら、「MOMO」という曲が流れていた。大貫氏と言えば、個人的に知っている範囲では「メトロポリタン美術館」「ピーターラビットとわたし」くらいなもので「MOMO」という曲は知らず。あのモモのことなのか?と歌詞をよく…

出版社で

本の価値がわかるという方もおられるが、個人的にはあまり指標にはならないような気もする。だいたい大手は編集や監修もしっかりしていて、それ以外のとこは信用ならねえみたいな話だ。そういう話の信用味もまあ。 うーん。ではでは。

見えないものは、

空間的比喩をもういちど使っていうと、見えるものの外部とか、排除される外在的な暗闇とかではなくて、見えるものの構造によって定義されるがゆえに見えるものそれ自体に内在する排除の内在的暗闇なのである。(今村仁司『排除の構造』p.95) 排除されたもの…

「たましい」という名の記憶装置

こうしたことは、通常の人びとの死についても見出せることである。ある家族のメンバーが亡くなったとき、そのメンバーの「たましい」がどこかで生き続けているという民間信仰がある。そしてその「たましい」は「先祖」と呼ばれたりもする。関係者や子孫は彼…

毎年三月になると、

すいせんの根だけは残っていて、青空の下に、黄色い炎の燃えるような花を開きました。そして、この人の心臓に染まるような花の香気は、またなんともいえぬ悲しみを含んでいるのです。(「三月の空の下」小川未明) コレも小川氏のいい感じには終わらない話。…

IN DER STRAFKOLONIE

「奇妙な装置なのです」と、将校は調査旅行者に向っていって、いくらか驚嘆しているようなまなざしで、自分ではよく知っているはずの装置をながめた。流刑地で/カフカ 最初の一行がよい。

象を

撃つ、というジョージ・オーウェルの短編を思い出しつつ、インドの象をテレビで観ていた。 イギリス植民地支配時代の話。 こんな馬鹿でかいもん、銃でどうやって殺すの?というくだり、日常的に多々ある。 テレビでは麻酔銃だったので、殺してはいない。 村…

大寒のせいか

朝から眠い感じが。☆晩御飯も食べる気がせず、先に鍋とかを片付けて、明日のお米をセットして、何もする気がしないままコタツのある寝室へ。 気分が冴えないので、相変わらず音ゲーをぱしぱしやる。やってると、フロー状態になる。この状態のとき、いつも村…

ある歴史家の言葉によれば

「ヒステリーの歴史は、連続したひとつの物語ではなく、まばらに起きる出来事の寄せ集めである……ヒステリーは模倣の疾患だーーその社会で認められる病気の形をまねている」のだ(Suzan A Crancy) 病気っぽいアレコレのHysteriaも何かの模倣だということ。ま…

「善きもの」

この前シロウト向けの哲学書をパラパラとめくっていると、この言葉が。 なんか見覚えのある言葉、と思っていると、『思い出のマーニー』に出てくる「善きものを掴め」という言葉に突き当たる。しかも内容もぴったり合致するのではないか、と。 それは、自身…

まえがきを

けっこう飛ばし気味で書いている本を最近読んだ。その本はある学問分野の入門書で、飛ばし気味、というのは筆者がその学界の人々に威勢のいいことを書いていた、ということだ。以前は何これ?と思って憤慨することもあったが、そういった本は、学術書じゃな…

ふつふつと

昔のイヤなことが脳内で反復してしまう日だった。 村上春樹氏の『ねじまき鳥クロニクル』多分第2巻で、主人公が井戸の底に降りて、暗闇で一人で考え事を始めた時に、昔のことを思い出して堪まらなくイライラし出す、という下りがある。そんな感じだった。 …

巌窟王

がんくつおう またの名をモンテクリスト伯。デュマの。 内容は復讐劇なのだけど、読んでいくうちに復讐の定義が変わっていく。まさにそれが「復讐」でもある、といったところか。主題への深い洞察。 たまに、巌窟王のことを思う。

なかなか

寝付けなくなってしまったので、コレを書いている。☆晩に外へ出たら、案の定寒かったが、冬の星空が広がっていた。田舎ならでは。 奈良時代の歴史書をペラペラめくると、星についての記録がある。そういうのを見ると、綺麗とかではなく、怖がっているのか?…

やさしく指を

眼にあててももいろの秋の夕日をすかしみるわが身の春は土にうもれて空しく草木の根をひたせる涙。 萩原朔太郎「秋日行語」 姫リンゴの実。食べれるけど、すごく渋くて酸っぱい。 ☆今日は新しいイヤホンを購入。ちょい嬉しい。

──何しろ、

樅の木なんぞの多い山のなかの一軒家だものだから、雨の音が騷がしいほど大きく、それがまた絶えずさまざまな物音に變化して聞える。堀辰雄『雨後』 ☆いま雨音が聞こえる。 少し落ち着く。

ちまた、ちまたを歩むとも

ちまた、ちまたに散らばへる秋の光をいかにせむたそがれどきのさしぐめる我が愁をばいかにせむ捨身に思ふ我が身こそびいどろ造りと成りてましうすき女の移り香も今朝の野分に吹き散りて水は涼しく流れたり薄荷に似たるうす涙 「秋日行語」萩原朔太郎 ☆ここぞ…

だが私は、

たしかに猫ばかりの住んでる町、猫が人間の姿をして、街路に群集している町を見たのである。理窟や議論はどうにもあれ、宇宙の或る何所かで、私がそれを「見た」ということほど、私にとって絶対不惑の事実はない。あらゆる多くの人々の、あらゆる嘲笑の前に…

島嶼部、

それは劇作品である。哲学的という名が私たちに与える思想家の世界から分離し、そこから離脱しなければそれに接岸する(aborder)ことができないと私は言いたい。登場人物たちが相互の連関においてのみならず、より深くある具体的状況のなかで私に課せられる…

また一週間が

始まり。 読書の秋、といってもそんなには読んでない。 転がってた大人のための歴史教科書をパラリと。 挿絵の犬、かわいいな。

黒い雨

井伏鱒二の、ラストを思い出す。 ヤスコの病気がいつかきっと治るんだ、という結び。 治らないかもしれないという不安が入り混じった感情がある。それでも山の向こうをじっと見つめる。 高校生んときは、希望を残したシーンだと思っていたが、希望的にも絶望…

クローディアの②

幸福についてちょっと。 クローディアが幸福なのが、わたしにもわかりました。幸福というのは、わき立つ感情が心の中に落ちつき場所を見つけることですが、いつもそこには小さな片すみがのこって、落ちつかずにパタパタしているものです。 ☆このまえ、私用で…

クローディアの

秘密、という児童文学がありまして(1967)、前から気になっていたが、最近図書館で発見。 クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))作者: E.L.カニグズバーグ,E.L. Konigsburg,松永ふみ子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/06/16メディア: 単行本購入:…

久しぶりに/レトルト

柊あおい先生の漫画を考えていた。 ☆少女漫画のなかで、オクテな女の子が男の子に告白する目前で「(やっぱり)告白なんてできないっ」みたいなことを顔を真っ赤にして(片手はほっぺに)思いながら、でも勢いあまって告白していくみたいなプロセス、個人的…

一つの事実を

じっと凝視するという事は、即ち凝視そのものが私はある意味で愛そのものだと云い得ると思う。この意味から自分の敵に対しても凝視を怠ってはならぬ。(小川未明「愛に就ての問題」) 凝視しすぎか頭痛と動悸。 ☆おやすみなさい

容易には

飲み込めない何かを置いていく という本のレビューを目にする。そういう感じ、ある。☆今日はコレ。ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮・現代世界の文学) ホテル・ニューハンプシャー〈下〉 (新潮・現代世界の文学) ☆上下分かれているのだけど、それぞれ…